6月のおすすめ野菜

 

・すずかぼちゃ

 かぼちゃはカロテンなどを豊富に含み、栄養価が高く、

 免疫力を高めたり冷え性などにも効果があります。

 このすずかぼちゃは生で皮ごと種ごと食べられるみずみずしくてやわらかいかぼちゃです。

 サラダや漬け物などにおすすめです。

 

 

・赤玉ねぎ

 普通のたまねぎよりも辛みや香りが控えめなのでサラダに最適です。

 生食することで血液サラサラ効果が期待できます。

 

・モロヘイヤ

 カロテン含有量は野菜の中でトップ!

 ビタミンB2、カルシウムも豊富に含まれています。

 独特のぬめりはムチンによるもので消化器官や目などの粘膜を保護し、肝機能を高めます。

 おひたしや炒め物てんぷらの他、たたいて刻んで豆腐にのせて食べるのもおすすめです。


・島オクラ(丸オクラ)

 五角形のオクラに比べて、果肉はやわらかく甘みがあります。

 ねばねば成分はムチンとペクチンによるもので、ペクチンには血中コレステロールを減らし、

 血圧を下げる効果があります。


・ゴーヤ(にがうり)

 独特の苦みが特徴です。

 この苦み成分に食欲増進効果や肝機能を高めたり血糖値降下の効果があります。

 ビタミンC、カリウム、マグネシウムなども豊富なので、まさに夏バテ解消のお野菜です。

 ゴーヤのビタミンCは加熱しても壊れにくいので、炒め物やフライと幅広く使えます。

 

・美生柑(河内晩柑)

 「和製グレープフルーツ」とも呼ばれていますが、苦みはさほどありません。

 果肉はみずみずしく多果汁で甘さと酸味のバランスが良く、後味はすっきりとしていて

 まさに今の時期におすすめしたい柑橘です。